坐骨神経痛|光井JAPANグループ

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 整形外科で骨の変形による坐骨神経痛と診断された
  • お尻からふくらはぎの外側にかけてしびれるような痛みがある
  • 腰を伸ばすとお尻から足にかけてシビレがある
  • デスクワークをしているとお尻から太ももがだるい
  • 腰がだるくお尻の横をトントンと叩くと気持ちが良い
  • 病院で手術を勧められたが手術はしたくない

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は年齢に関わらず、誰でもなり得る状態です。

若いから大丈夫ということはなく、放置し続けると悪化の一途をたどるかもしれません。

 

『腰が痛いけど、ただの腰痛だろう・・・。』

などと放置することなく、少しでも気になる方は大阪(河内長野市、富田林市、堺市)・和歌山市・大津市・名張市・静岡市で展開している光井JAPANグループにご相談ください。

坐骨神経痛とは?原因は?|光井JAPANグループ

坐骨神経とは、腰部分から足先まで伸びている身体の中で一番大きな神経のことです。

この坐骨神経がさまざまな原因や要因によって圧迫されたり刺激を受けることで、痛みやしびれを感じることを「坐骨神経痛」と呼びます。

初期状態は、よくある腰痛から始まります。

次第にお尻や太ももの後ろ部分、すねや足先までの足全体に痛みやしびれがあらわれ始めます。

この痛みやしびれの原因の多くは、「腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニア」もしくは、「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」の可能性があります。

年齢の若い方が「坐骨神経痛」の疑いがある場合は、「腰椎椎間板ヘルニア」が原因となり、高齢の方の場合は「腰部脊柱管狭窄症」が原因となる場合がほとんどです。

「腰部脊柱管狭窄症」や「腰椎椎間板ヘルニア」は、腰にある腰椎(ようつい)が何らかの原因により神経が圧迫され、腰から下部分に痛みやしびれを感じるようになります。

 

原因としては、

・デスクワークで長時間悪い姿勢を取り続ける

・腰に負担をかける重労働 

・交通事故などで過去に腰を痛めがことがある

・過度の運動または、運動不足

・姿勢が悪い

・老化や骨の変形 など

 では、

腰椎椎間板ヘルニア」と「腰部脊柱管狭窄症」とはどのような状態なのでしょうか?

梨状筋 坐骨神経痛 整骨院 腰痛 画像

・腰椎椎間板ヘルニア

「腰椎椎間板ヘルニア」とは、腰部分のヘルニアのことです。

背骨は、「椎体(ついたい)」と呼ばれる骨と、クッションの役割をする物質「椎間板(ついかんばん)」が交互に重なり合ってできています。

そのクッションの役割を持つ「椎間板」の中にはゼリー状の物質が入っているのですが、何らかの原因でそのゼリー状の物質が椎間板が外に出てしまい、背骨の隣に伸びている神経を圧迫することで痛みやしびれを感じるようになります。

この状態を腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

 

・腰部脊柱管狭窄症

背骨は頭から腰を支える役割と共に、脳から伸びた神経を守る役割もあるため「脊柱管(せきちゅうかん)」と呼ばれる背骨の中に神経が通る管のような隙間があります。

 

正常な場合は神経が通るために必要な広さが有しているのですが、50歳を超えた中高年になるとその管(脊柱管)が狭くなってしまいます

管(脊柱管)が狭くなると、神経を圧迫し、触れることで痛みやしびれを感じるようになります。

腰の痛みと同時に、足に痛みをしびれを感じたり、悪化すると麻痺や歩行困難な状態になる場合があります。

 

・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

坐骨神経痛を引き起こす原因として、梨状筋症候群の可能性も考えられます。

梨状筋症候群とは、股関節を支える筋肉である梨状筋(りじょうきん)が神経を圧迫することで痛みやしびれを感じます。

 

坐骨神経痛になるとどんな状態になるの?|光井JAPANグループ

坐骨神経痛 弁慶はりきゅう整骨院 大阪 大津市 和歌山市 名張市 静岡市

 

坐骨神経痛になるとお尻や太もも、すね、ふくらはぎや足先にかけて、鋭い痛みやしびれを感じます。ふくらはぎ部分に張りを感じたり、足に冷えやほてりを感じることもあります。また、腰から足にかけて締め付けられるような感覚を感じることもあります。

 

・腰を動かすと足の痛みが強くなる

・横になっていてもお尻や足が激しく痛む

・靴下を履こうとすると痛みで上手くできない

・足が痛くて立っていられない

・歩くと足に痛みを感じ、歩けない

 

上記の状態に多くあてはまる方は、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛は改善できるのか?予防法は?

姿勢 正しい姿勢 画像

「坐骨神経痛がつらい」からと最低限の動きだけにとどめていると、必要な筋肉が衰えたり関節が硬くなったりします。

無理は禁物ですが、適切な運動とストレッチをすることで、痛みを和らげたり、進行を緩和することにも繋がります。

また、マッサージは筋肉の緊張を緩め血流を改善することで痛みの物質を除去します。

 

・腰に負担がかからないように、正しい姿勢を保つ

座っていると楽ですが、腰に負担をかける姿勢になります。背もたれがある椅子だと、ついついもたれかかりたくなりますよね。

そうすると、頭・肩・骨盤の位置が椅子に対して真っすぐにならず、腰に負担をかけてしまいます。

正常な状態の背骨は緩やかなS字カーブを描くことが理想的です。

猫背姿勢では背骨が丸くなり、坐骨神経痛であると大きく湾曲したカーブを描いてしまいます。

机に片肘を付いたり、足を組むと重心がずれますので正しい位置で上半身を支えられず、骨格にゆがみが表れます。

冷え性 河内長野市、富田林市、堺市、大津市、和歌山市、名張市、静岡市で展開する弁慶はりきゅう整骨院グループ

・冷えを防ぐ

冬場の冷えや冷房による冷えで、腰や足を冷やさないことが大切です。

冷えは自律神経のバランスを崩したり筋肉を凝り固めてしまいます

筋肉が固まると神経をさらに圧迫しますので痛みやしびれがひどくなります。

寒いと感じていなくても、腰や足を触ると冷たく感じる場合は、ブランケットや上着などで調節し冷やさないように対処しましょう。

肥満 ダイエット 体重 和歌山市、河内長野市、富田林市、堺市、大津市、名張市、静岡市で展開する弁慶はりきゅう整骨院グループ

 

・体重管理をする

正しい姿勢を保っていても体重が増加すると腰に負担がかかります。

適度な運動と暴飲暴食に注意し、体重管理を行いましょう。

 

ストレッチ ダイエット 腰痛 開脚 富田林市、堺市、河内長野市、和歌山市、大津市、名張市、静岡市で展開する弁慶はりきゅう整骨院グループ

・ストレッチをする

体が硬くなると、さらに痛みやしびれを感じてしまいます

痛みがあまりにも激しい時に無理なストレッチはおススメできませんが、体調の良い日にはお風呂上がりや眠る前に適切なストレッチを行いましょう。

痛みの原因となる筋肉の緊張がほぐれ、痛みの緩和に繋がるとともに眠りやすくなります。

坐骨神経痛に最適なストレッチについては、弁慶はりきゅう整骨院グループにお尋ねください。

 

坐骨神経痛の痛みやシビレが出ている時には、腰を曲げる・ひねるの動作や重いものを持ち上げるような動作は控えましょう

このような動作は腰に負担をかけますので、坐骨神経痛の状態を悪化させる原因となります。

 

坐骨神経痛が原因であらわれる痛み|光井JAPANグループ

1.慢性的な腰痛に悩まされる

正しい姿勢を保つことは簡単ではありません。常に意識し、腹筋や背筋などを使いピンと姿勢を正す努力が必要です。ついつい気を抜くと、いつもの猫背、坐骨神経痛に戻ってしまうものです。

しかし、坐骨神経痛の姿勢を続けていると背中や腰に負担をかけてしまいます。常に背中や腰の筋肉を使うため、筋肉を緊張させ続けているからです。

使いすぎた筋肉は、硬くなりやがて血の巡りが悪くなる老廃物が溜まり始めます。
すると痛みやシビレなど腰痛や背中の痛みなどが発生します。

気付かずに放置していると、慢性的な腰痛に悩まされることに!

しかし正しい姿勢を保つことは、正しい位置で体重をバランス良く支えるので腰や肩、膝などに負荷をあまりかけることはありません。

結果、痛みやシビレに悩まされることもほとんどありません。

2.腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)

私たちの身体を支える軸となる脊柱せきちゅう)は骨が一つ一つ積み重なっています。その一つ一つの骨の中は管のように空洞となり、神経が通っています。

骨は年を重ねるともろくなり変形する可能性がありますが、そうなると変形した骨が空洞部分を押しつぶし神経を圧迫します。神経を圧迫されると痛みやシビレを感じるようになります。

動作がしにくくなり、股関節の柔軟性が損なわれる可能性もあります。

また、同じ部分を長期間使いすぎた場合も同様のことが起こります。

 腰部脊柱管狭窄症は40歳以上の中高年齢層に多く見られますが、酷使しすぎや生まれつきの場合にも若い世代にも見られます

<参照>腰部脊柱管狭窄症のページ|光井JAPANグループHPへリンク

3.梨状筋症候群(座骨神経痛)

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐんとは、中腰の姿勢になるとお尻部分に痛みを感じたり、太ももの裏にしびれを感じたりする状態のことです。

痛みやシビレの原因は、腰から骨盤の中を通り太ももにかけて坐骨神経(ざこつしんけい)と呼ばれる神経が、骨盤の中にある梨状筋(りじょうきん)に圧迫されることによります。

肩こりなどと同じように、同じ姿勢を長時間続けるオーバーワークや、姿勢が悪い状態を長く続けていることで負荷がかかると梨状筋が硬く伸縮性がなくなります。

硬くなった状態を放置し続けると、血の流れが悪くなり硬くなった梨状筋が坐骨神経を圧迫。結果、痛みやシビレを感じることになります。

 <参照>梨状筋症候群(坐骨神経痛)ページへ|光井JAPANグループHPへリンク

光井JAPANグループの坐骨神経痛に対するアプローチ方法|光井JAPANグループ

問診と姿勢診断を行い、ゆがみを矯正!正しい姿勢へと導きます

独自のカウンセリングと姿勢検査を行い、背骨や骨盤のゆがみ、痛みやシビレの根本的な原因は何であるのかを徹底的にカウンセリングを行います。

カウンセリングに基づき、個々に改善プログラムを作成!あなた専用の根本改善プランをご提案いたします

矯正施術は、骨格のゆがみを正しい位置に導くだけではなく、大阪府(河内長野市、富田林市、堺市)・和歌山県(和歌山市)・滋賀県(大津市)・三重県(名張市)・静岡県(静岡市)で15店舗展開している光井JAPANグループでは【筋肉・姿勢・バランス】の3つにアプローチする施術を行います。

そして綺麗な姿勢を保つためには、骨格を支える筋肉が必要です。美しい姿勢を支えられる筋肉をバランスよく強化してあげることで、無理なく楽に正しい姿勢を保つことができます。

痛みやシビレに悩まされず、正しく美しい姿勢で毎日を過ごせるようになるまで、トータルサポートいたします。

 

 当院の矯正施術は、ボキボキと音を鳴らさない安全で安心に受けていただけます。

トムソンベッド」と呼ばれる矯正専用のベッドを使用し、無理に力を加えることはありませんので、お子さまからお年寄りの方までご利用いただけます。

ハイボルテージ

ハイボルテージとは昨今プロスポーツ選手やオリンピック選手が使用し注目されている特殊な電気機器です。

深層部にある組織にまで到達させますので、消炎・鎮痛を行いながら軽減させる画期的な施術法です。

 

血行が促進され、痛む部位の可動範囲が広がりスムーズな動きを手に入れられます。

 

施術時間が短時間でも痛みが充分緩和されるため、家事や仕事の合間のちょっとした時間にも施術可能です。

鍼灸(はり・おきゅう)

耐えられないようなツライ痛みの緩和には、鍼灸が効果的です

 

はり術は、手技では届かない深部の組織まで直接届き血の循環を助け、筋肉の硬直を改善します。

注射針より細い針を使用しますので、施術中の痛みはほとんど感じません

 

おきゅう施術は、痛みに適したツボにもぐさを燃やした熱でじんわりと刺激し、自然治癒力や免疫力を高めます。

“おきゅう”が接する面には緩衝材がありますので、リラックスした状態で施術していただけます。

 

WHO(世界保健機関)から“はり”“おきゅう”の有効性が認められており、その科学的根拠も認められている有効な手段です

 

また、あらゆるウイルスにも有効的な免疫力を活性化させる働きがあるため、自己治癒力の向上にも役立ちます。

 

正しい姿勢を保ち、坐骨神経痛が再発しない身体へ|光井JAPANグループ

背骨や骨盤を正しい位置に矯正し、インナーマッスル(深層筋)をトレーニングすることで、痛みやシビレの改善だけではなく美しい姿勢が無理なく保てるようにお身体を調整いたします。

痛みやシビレが再発しない身体に整える根本施術をおこないます。

 

施術を進めると血流の循環が良くなり、自己免疫力もアップします。

 

光井JAPANグループでは、痛みの状態に合ったセルフケアを指導し、予防にも力を注いでいます。

・癖(クセ)や日常の動作から気を付けるべき点

・痛みやシビレに最適なご自身でもできるストレッチや筋トレ

など、あなたにとって最善の方法は何なのか、親身にお伝えしています。

 

光井JAPANグループで大切にしていることは、徹底的なカウンセリングを行いお客さま専用の改善プログラムを作成してから施術にはいることです。

普段の生活の中で無意識に行っているクセは、痛みの原因となる部分に負担をかけてしまっています。

 

1人1人に最適な施術を提案し、納得していただいたうえで施術を行います。

ツライ坐骨神経痛の痛み、あきらめないでください。私達と一緒に、お悩みを解消していきましょう。

 

光井JAPANグループおすすめ施術

  • 交通事故施術

光井JAPANグループ 各院のご案内

詳細を見る

HOME

  • 採用情報

料金表

当院の施術方針

店舗一覧

電話番号一覧

LINE一覧