14年以上の経験と15万人の施術実績をもつ、整骨院がついに上陸!

バレリュー症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故後、頭痛や頭が重い感じがある
  • 事故後、耳が聞こえにくい、または耳鳴りがする
  • 事故に遭ってから食欲不振、喉の違和感がある
  • 事故後は気持ちが落ち着かない、またはイライラする
  • 交通事故に遭ってから微熱が続く、全身の倦怠感がある

バレリュー症候群とは?|弁慶はりきゅう整骨院グループ

予期せぬ交通事故に遭い、2~4週間程度経過したころ、めまい、頭痛、耳鳴り、食欲不振、精神不安定などの様々な症状が出てきた方は実はかなり多いと言います。

それは、もしかしたら「バレリュー症候群」(別名:後部頸交感神経症候群)の可能性があります。

こちらは事故後に散見する傷病だと言われ、事故によるバレリュー症候群では、頸椎に強い衝撃を受けた際に発症しやすいのが特徴です。同様にむち打ち症は様々な症状が出てきますが、バレリュー症候群は主に自律神経症状を主体とする疾患です。

なので、自律神経失調症と混同されることが多いです。

交通事故による受傷から二週間以上経過した時期に、交感神経が興奮状態となることで発症します。頭痛、めまい、吐き気、耳鳴り、難聴、食欲不振、精神不安定など、自律神経に関わる症状が多いです。

一般的に2~4週間程度で発症すると言われており、頸椎捻挫(むちうち症)は3か月~6か月くらいで症状は改善すると言われていますが、その後も症状が改善しない場合は、バレリュー症候群と診断されることも少なくありません。

当グループでのバレリュー症候群の治療法|弁慶はりきゅう整骨院グループ

一般的な治療法としては、整形外科などで頚部交感神経の過緊張状態を緩和させる目的で、星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、トリガーポイントの注射などが処方されます。

当整骨院では、最初に患者様の詳しい状態や、不安なことはないか、何故痛みが出ているのかを問診させていただいた上で、症状や原因に対して最適な治療をご提案させて頂きます。

その際の治療に関して、乱れた自律神経を調節するマッサージを行い、ハイボルト療法によって疼痛緩和や循環改善に努めます。

ハイボルト療法とは、特殊な電気治療で除痛への効果が高く、また即効性があります。

事故後は何かと不安面も大きく、バレリュー症候群の場合には制御が効かずイライラしてしまうこともあると思います。そういった場合も想定し、メンタル面のサポートもさせていただきます。

当整骨院には、交通事故治療の専門知識を持ったプロフェッショナルが在籍しており、事故後の保険会社とのやりとりなどもバックアップさせて頂きます。

不安や不明点などございましたら、何でもご質問ください!

事故でのバレリュー症候群やむち打ち症は早期治療が何よりも大事です、当整骨院までお早めにご相談ください!

光井JAPAN整骨院グループ 各院のご案内

詳細を見る

HOME

  • 採用情報

初めての方へ

料金表

患者様の声

ブログ

店舗一覧

電話番号一覧

LINE一覧