腰部脊柱管狭窄症|光井JAPANグループ

腰部脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • お尻や足のシビレや痛み
  • 長距離歩く事が出来ない、長距離歩くと腰が痛い
  • 座ったり、前かがみになると痛みやシビレが軽減する
  • 病院で脊柱管狭窄症と診断された
  • 腰を反らすと痛みが強くなる

脊柱管狭窄症とは?|弁慶はりきゅう整骨院グループ

一般的に脊柱管狭窄症とは、ヘルニアや背骨の変形、すべり症などで脊髄(神経)が通る道が狭くなっている状態の事を総称して脊柱管狭窄症と言います。

原因には様々ありますが、筋肉の硬化、酸欠状態、低栄養状態です。また、それらを作りだす身体の歪みです。私達は地球上で生活している以上、重力は掛かり続けます。その状態でも筋肉を使用して負担がかかり、次第に疲労して血行不良により筋肉は痛みやシビレといった症状を引き起こします。

脊柱管狭窄症の施術方法|光井JAPANグループ

脊柱管狭窄症の症状(長距離歩けない、お尻や足の痛みやシビレ)はお尻の外側の筋肉(中殿筋、小殿筋)、太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)、姿勢を維持する為に重要な筋肉(腓腹筋)に血行不良や酸欠状態、身体の歪み(骨盤や背骨)から生じているため、筋肉を緩める事や骨格矯正をする事で症状は改善できます。

弁慶はりきゅう整骨院では問診や検査時に専門の資格を持った施術者が対応し、脊柱管狭窄症の原因になっている筋肉や身体の歪みを割り出します。

そして、歪みや筋肉を緩めるのに、医療の最先端であるアメリカで80年以上前から使用されている「トムソンベッド」という矯正専用のベッドを使用して「ボキボキしない」痛みのない安全かつ安心して受けて頂けます。

光井JAPANグループおすすめ施術

  • 交通事故施術

光井JAPANグループ 各院のご案内

詳細を見る

HOME

  • 採用情報

料金表

当院の施術方針

店舗一覧

電話番号一覧

LINE一覧